最新設備・土日診療・夜間診療
〒984-0825 宮城県仙台市若林区古城1-4-17-2F
[TEL] 022-781-2390
TOP > 当院の方針 > 歯について豆知識
子どものむし歯予防には「シーラント」が効果的です。
シーラントはおく歯のかみ合わせ部分にプラスチックを埋め込んで、その部分のむし歯を予防する方法です。

◆シーラントとは?
シーラントはむし歯になりやすい奥歯の咬み合う面(咬合面)の溝をプラスチックで埋めこむ方法です。

このプラスチックはむし歯を削った時につめるものと同じレジンという材料なので、むし歯になる前に埋めてしまえば予防することができます。



◆シーラントは六歳臼歯に効果的!
6歳頃に生えてくる第一大臼歯(六歳臼歯)。生えてくる時期が時期なだけに乳歯だと勘違いしてしまう方もいるのですが、この歯は永久歯です。

生えたばかりの永久歯は特にむし歯になりやすいのですが、六歳臼歯が生える頃は子どもが自分で満足に歯のケアができないことが多く、永久歯をむし歯にしてしまう可能性が高いのです。

なので、シーラントは一般的に子供の第一大臼歯に施されることが多いです。


◆シーラントをすれば絶対むし歯にならない?
シーラントをした歯が絶対にむし歯にならないかというと…そういうわけではありません。
咬み合わせの部分の埋めた溝は予防できます。しかし歯と歯のすきま等、シーラントの処理をしていない部分はきちんと歯のケアをしないとむし歯になってしまいます。

シーラントはあくまでも埋めた部分がむし歯にならないようにする為の予防ですので、それ以外の部分には効果はありません。
歯みがきや歯のケアはしっかりと行うようにしましょう。