最新設備・土日診療・夜間診療
〒984-0825 宮城県仙台市若林区古城1-4-17-2F
[TEL] 022-781-2390
TOP > 当院の方針 > 歯について豆知識
妊娠中はからだの変化はもちろん、お口の中もとてもデリケートになっています。
そのため、通常よりむし歯になりやすい状態になっていますので十分注意しましょう。

◆妊娠中にむし歯は増える?
妊娠初期〜中期頃までにみられる「つわり」により歯ブラシが口に入れられず、歯磨きがおろそかになってしまってむし歯ができてしまう場合があります。
つわりがある方は偏食気味で唾液の量がいつもと変わったり、口の中が酸性に傾いてしまうのでどうしてもむし歯になりやすい状態になってしまうのです。

また、お腹が大きくなり胃が圧迫されるようになると1回の食事量が少なくなってついつい間食しがちに…。
糖分の多いものや歯にべったり付着する食べ物はむし歯を作りやすいので、特に妊娠時は気をつけるよう心がけましょう。


◆妊娠中の歯はとてもデリケート
妊娠中の口の中はとても敏感です。少しの刺激で出血したり、軽い炎症が急速に悪化したりします。
ちょっとでも歯がしみたり痛みがあるとつい歯磨きもおろそかになりがちですが、歯周病菌は女性ホルモンを利用して発育するのでそのまま放置しているとさらに口腔内の状態が悪化してしまい、歯周病の原因になってしまいます。

お母さんが歯周病にかかったまま赤ちゃんが生まれてしまうと、スキンシップや口うつし等をしたときに菌が赤ちゃんの口のなかにうつってしまいますので、そうなる前にしっかりと予防しましょう。


◆妊婦検診で歯と歯ぐきの健康チェック
母子手帳にも記載されておりますが、歯とはぐきの健康はとても大切なことです。妊婦検診時に、歯科検診も受けましょう。
可能であれば妊娠初期に1回、安定期に1回、出産してからは毎年1回の歯科検診検査(定期検診)を受けることをオススメいたします。


◆妊娠中に歯の治療はできる?
妊娠初期の16週頃までは薬や処理により胎児に影響を与えてしまう可能性がありますが、安定期に入る中期以降は通常の治療は可能です。

治療を受ける際は自己判断する前に、産科の先生にまずはご相談ください。
ご自身の体調等も十分気をつけて、安心安全な治療を受けて下さいね。