最新設備・土日診療・夜間診療
〒984-0825 宮城県仙台市若林区古城1-4-17-2F
[TEL] 022-781-2390
TOP > 当院の方針 > 歯について豆知識
実は、むし歯は人から人に感染します。では、どのように感染していくのでしょうか?
親から子供へ口うつし、箸やスプーンの共有等…このようにして、むし歯がうつってしまうことがあります。

◆むし歯菌の感染源?
赤ちゃんがお腹の中にいる間は、赤ちゃんのお口の中に細菌はいません。
しかし、お腹の中から外に出た瞬間から赤ちゃんには様々な種類の細菌が住みつき始めます。この細菌の中にはもちろん良い菌もいれば悪い菌もいるのですが、その悪い菌のひとつがむし歯菌です。

一例として、むし歯菌は特にお母さんから子供にうつる確率が高いそうです。(口うつしやキス等)そういったスキンスップをとる方のお口の中が不衛生だと、赤ちゃんがむし歯になってしまう確立が高くなってしまうのです。

★これからお母さんになる方へ★
上記の通り赤ちゃんがむし歯になってしまう可能性を高くしてしまうのはお母さんであることが多いです。お子様が生まれる前から歯周病やむし歯の治療をしておくと、自分自身の歯の健康はもちろん産まれたばかりの赤ちゃんの歯をむし歯菌から守ることもできます。


◆口うつしでも菌はうつる?むし歯菌の大部分は家族から!
アメリカのデータなのですが、ベビーシッターに育てられた子供はそうではない子供に比べてむし歯の数が少ないという調査結果があるそうです。
ベビーシッターは子供に「キス」をしたり「口移しでものを食べさせる」ということが少ないため、むし歯菌が移る機会も少なくなるからだと考えられています。

上記の例を見てみると、やはりむし歯菌は子供にスキンスップをする機会が多い家族間での感染が大きいと考えられます。

しかし、お子様の為に食べ物が熱いかどうか確認するのに舌で触ったり、スキンスップを全くしない…ということは出来ませんよね。
そういった行為を抑制するのではなく、例えば自分が使った箸やスプーンを子供に使わない事や、ご自分自身のお口の中を清潔に保つこと等の方が大事です。