最新設備・土日診療・夜間診療
〒984-0825 宮城県仙台市若林区古城1-4-17-2F
[TEL] 022-781-2390
TOP > 当院の方針 > 歯について豆知識
歯周病(歯槽膿漏)は、歯ぐきだけではなく歯の周りにある歯周組織が歯周病菌に感染することにより
歯ぐきが腫れたり、歯ぐきから出血、最終的に歯が抜けてしまう病気です。

◆歯周病の原因
歯周病になってしまう最大の原因は、プラーク(歯垢)です。
口の中に住んでいる数種類の細菌が集合して活動することでプラークが形成され、その中で酸や毒素が発生します。
その酸が歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしていき最終的には歯がぬけおちてしまいます。

また、プラークが長い間歯に付着していると歯石になります。
こうなると細菌の活動は無くなるのですが歯石は表面がザラザラしているため、よりプラークが付着しやすくなってしまうのです。

※初期段階の歯周病はほとんど自覚症状がなく、症状が出てからでは手遅れになってしまうことがあります。 そうなってしまう前に予防しましょう!


◆身体の免疫力低下による歯周病の進行
歯周病は歯そのものではなく、歯ぐきやその下の骨(歯槽骨)の病気です。なので、身体の免疫力が低下していると進行しやすくなります。

栄養状態が悪かったり、疲れが溜まっている、睡眠不足、過剰なストレス等、
喫煙、ホルモンの変調(思春期・妊娠期・更年期等)糖尿病も歯周病を進行しやすくさせる原因になります。


◆歯周病の進行と症状
歯周病は放置すると進行していき、治療も困難になっていきます。
予防するには初期症状を把握して早期発見早期治療を心がけましょう。

@初期段階:歯肉炎

歯肉のみ炎症が起きている状態です。歯肉が腫れはじめ、
歯の周りの歯周ポケットに溝が出来てプラークがたまりやすくなります。

★チェックポイント★
・歯磨きの時に出血する
・歯磨きの時に歯が痛む
・朝起きた時に口の中が粘ついたりくさかったりする

【アドバイス】
歯周病の初期段階であれば、正しい方法で歯磨きをすれば進行を防ぐことができます。少しでも歯に不安を感じることがありましたらご来院下さい。



@中期段階:軽度歯周炎

歯周ポケットが深くなります(4〜6mm)歯槽骨も溶け始め、歯がぐらぐらしてきます。

★チェックポイント★
・かたいものが噛みにくくなった(※特にイカ・タコ・漬物等は歯に負担をかけます。)
・歯槽骨が溶け始めると、ものを噛んでもぐらついて支える力が無くなってきているので噛めなかったり噛むと痛むという症状が現れはじめます。

【アドバイス】
歯周病の後期段階は歯槽骨が溶け始めているため、かなり状態が進行しています。少しでも上記のような違和感を感じたらすぐご来院ください。症状の進行状態によっては、はぐきを切る必要があります。



@末期段階:重度歯肉炎

歯周ポケットが7mm以上にもなり、歯槽骨も半分以上破壊されています。
そのため歯がむき出しの状態になってしまい、最終的にぬけおちてしまいます。

★チェックポイント★
・歯が長くなったように見える(歯の付け根が見える)

【アドバイス】
歯周病の末期段階です。こうなってしまうと、汚れを取り除くために歯ぐきを切開しなければなりません。状態によっては歯を抜く場合もあります。(※降圧剤・抗てんかん剤の副作用が関係している場合は歯ぐきの腫れた部分を切除します。)