最新設備・土日診療・夜間診療
〒984-0825 宮城県仙台市若林区古城1-4-17-2F
[TEL] 022-781-2390
TOP > 当院の方針 > 歯について豆知識
歯磨きをしているのにむし歯になってしまう…もしかしたら、正しい歯磨きができていないかもしれません。
正しい歯磨き(ブラッシング)を覚えて、プラークを取り除きましょう!

◆表面磨き:【フォンズ法】
歯の表面はフォンズ法という方法で磨きましょう。
この方法は歯をきれいにするだけではなく、歯茎のマッサージ効果もあります。

@まず、軽く噛み合わせてからハブラシの先を歯茎に当てます。
A歯ブラシの毛は歯に直角になるようにし、円を描くようにして軽く動かします。
Bできれば柔らかめの毛のブラシを使いましょう。

これは歯肉炎の予防にもなる磨き方です。


◆磨く角度:【バス法】
歯と歯茎の間の溝を「歯周ポケット」と呼びます。
ここには歯石や歯垢がたまりやすく歯周病や歯肉炎の原因になりやすいです。
バス法はそれを防ぐのに適した磨き方です。

@歯周ポケットに毛先を入れ、歯の軸に対して45度に毛先を歯周ポケットに当てます。
Aこの時、ハブラシが離れないように前後に細かく動かします。


◆直角に当てて磨く:【スグラッピング法】
歯は立体的なものなので1本の歯を3つに分けて磨きましょう。
どの面を磨くときも、毛先は直角に当たるようにします。

@歯ブラシを歯に当てて、左右に小刻みに動かして磨きます。
A歯ブラシを縦にして1本ずつ磨きましょう。



◆歯ブラシの選び方
歯ブラシは様々な種類のものがありますが、選ぶポイントは2つです。

1つ目はヘッドの大きさです。奥歯1本半から2本にあたるくらいの長さで、幅の狭いものを選びましょう。奥歯までしっかり届きます。

2つ目は毛の材質。品質面・衛生面からみてナイロンがベストです。
ブラシの毛先が丸くカットされてるテーパード加工が歯肉を傷つけず歯垢をよく落とします。

◆歯磨き粉への過信は禁物
発泡剤の入った歯磨き粉を沢山付けてお口の中が泡だらけでも、きちんとしたブラッシングが行われていない可能性があります。
なぜかと言うと、歯磨き粉のサッパリ感でキレイに磨けたと錯覚を起こしてしまい、隅々まで磨く前にブラッシングをやめてしまうからです。

また、研磨剤入りの歯磨き粉で歯を強く磨きすぎると、歯がすり減ってしまうことも…。使用する際は少量で優しく磨きましょう。

「虫歯や歯周病が治る」という種類の歯磨き粉やうがい薬を使用していても、ブラッシングは丁寧にするよう心がけて下さい。